リハビリテーション科

お知らせ

外来リハビリテーションを再開いたしました。詳しくは外来リハビリテーション通常業務再開のお知らせをご確認ください。

外来/科の診療の特色

リハビリテーション科は、当院の特徴である、がん医療・先端医療・救急医療のサポートをするために、急性期からリハビリテーションを開始することが特徴となっております。新生児から高齢者まで、さまざまな疾患のリハビリテーションに対応しております。当科の人員・施設設備に関しは、脳血管疾患等・運動器・心大血管・呼吸器・廃用症候群の5分野全てのリハビリテーション施設基準(Ⅰ)を満たしており、がんリハビリテーションの施設基準も満たしております。また、日本リハビリテーション医学会専門医研修施設にも指定されています。

ご紹介

心臓リハビリテーション
心臓リハビリテーション室
診療内容

脳卒中や骨折などにより、思うように体が動かせなくなった状態から、身体の機能を取り戻し、あるいは代替手段を獲得するための訓練をする科です。
体の自由がきかず起き上がれない、移動できないといった状態から、訓練を通して日常生活が送れるようになることをめざします。
また訓練で身体機能が充分戻らない場合でも、装具・自助具・福祉用具などを活用して日常生活をできるだけ自立して送れるよう援助します。
当院では発病すぐの急性期からリハビリテーションをおこない、回復期リハビリテーション病棟(病院)でのリハビリテーションへスムーズに移行できるようにしています。
回復期治療を卒業された後のいわゆる生活期についても、体力低下や痙縮(脳・脊髄麻痺に由来する四肢の筋のつっぱり)などに関する相談を承り、必要に応じて短期の訓練、補装具の処方、内服薬の調整、ボツリヌス治療等をおこないます。なお、髄腔内バクロフェン投与(ITB療法)は導入・維持とも実施していませんが、相談や実施病院への紹介は可能です。

痙縮について(ボツリヌス治療等)

業務概要

①2019年度理学療法・作業療法・言語聴覚療法月別患者数

  理学療法 作業療法 言語聴覚療法
入院 外来 入院 外来 入院 外来
4月 4529 237 1197 180 881 16
5月 4780 200 1228 179 983 14
6月 4,546 184 1,155 189 998 12
7月 5,159 199 1,228 196 1,172 13
8月 4,747 190 1,085 205 1,008 16
9月 4,206 180 1,016 189 968 12
10月 4,951 191 1,140 235 1,142 10
11月 4,846 214 1,145 250 1,061 17
12月 4,572 241 1,070 227 905 21
1月 4,540 257 957 236 928 23
2月 4,137 212 932 199 805 14
3月 4,127 241 1,032 231 1,022 12
合計 55,140 2,546 13,185 2,516 11,873 180

※延べ人数

②治療種目別件数

    2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
理学療法脳血管疾患等リハビリテーション料患者数16,21215,12218,62116,985
脳血管疾患等リハビリテーション料単位数23,43521,72327,16124,556
廃用症候群リハビリテーション料患者数17,74318,01113,11914,620
廃用症候群リハビリテーション料単位数19,35319,45414,63917,355
運動器リハビリテーション料患者数10,85712,37313,76412,407
運動器リハビリテーション料単位数16,20019,59822,77920,110
呼吸器リハビリテーション料患者数1,8958844,7473,009
呼吸器リハビリテーション料単位数2,1111,0125,7203,657
心大血管疾患リハビリテーション料患者数1622,8963,5424,213
心大血管疾患リハビリテーション料単位数4864,0306,2247,577
がん患者リハビリテーション料患者数6,0524,7447,3335,191
がん患者リハビリテーション料単位数6,2225,0488,1016,117
訓練実施患者数52,92154,03061,12656,425
作業療法脳血管疾患等リハビリテーション料患者数11,15810,80711,73611,251
脳血管疾患等リハビリテーション料単位数15,02914,45417,40518,029
廃用症候群リハビリテーション料患者数14643115524
廃用症候群リハビリテーション料単位数14943916127
運動器リハビリテーション料患者数4,2604,3233,9723,920
運動器リハビリテーション料単位数6,4656,2046,1146,170
がん患者リハビリテーション料患者数372103774
がん患者リハビリテーション料単位数372164344
訓練実施患者数15,60115,77116,24015,199
副子(軟化成形使用型)   14
言語聴覚療法脳血管疾患等リハビリテーション料患者数6,2066,0706,7297,387
脳血管疾患等リハビリテーション料単位数7,6427,4818,4329,718
廃用症候群リハビリテーション料患者数2,6173,3263,1083,517
廃用症候群リハビリテーション料単位数2,7163,4213,2223,877
運動器リハビリテーション料患者数162117543
運動器リハビリテーション料単位数167117583
呼吸器リハビリテーション料患者数110112338
呼吸器リハビリテーション料単位数110112339
摂食機能療法患者数2050
がん患者リハビリテーション料患者数87279455520
がん患者リハビリテーション料単位数98319517645
訓練実施患者数9,1849,80310,37411,465
その他ADL維持向上等体制加算患者数5,2739,2894,27417,122
早期離床・リハビリテーション加算患者数  351843

※実人数

※廃用症候群リハビリテーション料は2016年度より新規算定開始
※ADL維持向上等体制加算は2016年10月より新規算定開始、2018年4月~2018年8月
 施設基準を満たせなくなり返上、2018年9月より1病棟算定再開2019年9月より2病棟算定。
※2016年度より延べ人数から実人数へ集計方法を変更。
※早期離床・リハビリテーション加算は2018年6月より新規算定開始。

③新患依頼件数

    2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
理学療法入 院4,3934,4855,189 4,481
外 来258265241 191
作業療法入 院9611,1261,2091,232
外 来266217185191
言語聴覚療法入 院1,2415911,3621,145
外 来30502921

※件

④傷病別患者件数

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
脳血管及類似疾患1,8542,3032,5322,531
CP(及類似疾患)18112016
骨折及脱臼781844810757
脊髄損傷40374134
末梢性神経麻痺2161212
変形性関節症(脊椎)192205189197
変形性関節症(股)27353658
変形性関節症(膝)32466871
関節リウマチ4171
切断11657
廃用症候群1,5181,8031,9051,593
糖尿病54874125
顔面神経麻痺4533815
神経難病100109175126
心疾患414400405456
外科手術前後32616317666
乳がん149118123180
肺炎315712729732
呼吸器疾患12562105118
熱傷711112
骨関節疾患1261408792
失語症121116125172
構音障害277231238275
嚥下障害569176576778
がん疾患530549956556
その他339399386287

※件

⑤松葉杖取扱い件数

2016年度2017年度2018年度2019年度
貸出113856427
返却138174157154

※件

※貸出数はリハビリテーション科での取り扱い数のみ。救急外来分は含まず。

⑥リハビリテーション科特殊外来・検査状況

特殊外来・検査2015年度2016年度2017年度2018年度2019年度
装具外来210170125224254
VF検査7170865731
ボトックス外来1923334858

※件

⑦理学療法士、作業療法士、言語聴覚士学生実習受け入れ実績

    2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
理学療法臨床実習2554
評価実習1222
見学実習1111
作業療法臨床実習1   
評価実習 211
見学実習1122
言語聴覚療法臨床実習    
評価実習    
見学実習    

※人数

診察の受け方
  • 外来診察時間:月曜日~木曜日の午前中9:00~
  • 予約は不要ですが、できれば紹介状等をご持参ください。紹介状なしでの初診は選定療養費がかかることがあります。また、医師出張等で臨時休診があります。事前にお問い合わせいただけると安心です。
専門用語の解説
専門用語 解説
FIM(機能的自立度評価表) 身の回りのこと(食事・洗顔・着替え・トイレ・歩行など)が出来るか出来ないかを、各項目を1~7点で評価し、126満点となる評価表です。
どれだけ身の回りのことができるようになっているかを評価するために、入院中の状態を点数化しています。
その他
  • 車椅子、装具、コルセットの作製も可能です。水曜午後の装具外来を受診してください。
  • 身体障害者手帳意見書(肢体不自由・音声機能、言語障害又はそしゃく機能の障害)・精神障害者手帳(高次脳機能障害)・障害年金診断書・各種手当の書類も作成します。
リハビリテーション1
左:PT室(1) / 右:PT室(2)

リハビリテーション2
左:PT室(3) / 右:OT室

リハビリステーション3
左:小児訓練室 / 右:言語聴覚療法室