横須賀共済病院日帰り手術

<日帰り手術とは>

 手術を受けた当日、または2-3日という短期間で帰宅できる、患者さんの希望に沿う、新しい治療のシステムです。

<日帰り手術、導入の目的>

 社会的、家族的、あるいは個人的な要因で、短期間の入院での治療をお望みの患者さんを対象として、
あらかじめ外来でスケジュールを作成し、病棟・麻酔科・手術室と連携して期日どおりの入院・治療を
提供することを目的とします。

<日帰り手術を受ける患者さんの条件とは>

1. 横須賀共済病院の日帰り手術の対象の疾患であること。

2. ご本人が、日帰り手術を希望されていること。

3. 現在まで日常生活をほぼ普通におくられていること。

4. 重篤な合併症(心筋梗塞、喘息、進行した糖尿病、腎不全など)がないこと。

 *抗凝固薬:血が固まりにくくする薬や糖尿病薬などの服用があっても、対象となる場 合があります。

5. 退院してからの術後の管理をご自分でできること。

6. 横須賀共済病院に通院可能な距離にお住まいのこと。

7. 入院当日の付き添いや、退院後の療養にご協力いただけるかたがいらっしゃること。

<日帰り手術の注意点>

1. 手術の方法そのものは、ご本人の希望により、術後にもう少し長く入院されている患者さんと差はあり
ません。
従いまして、日帰り手術ですぐお帰りになられる場合でも、患者さんの術後の痛みや合併症のリスクは、
同じ様にあります。

例えば、日本では産後1週間くらい入院しますが、アメリカでは翌日に退院です。お産の痛みや新生児
の黄疸などのリスクは日米で同じです。進歩した技術や医療機器にもよりますが、基本的には手術の侵襲
は大きくは変わらないことをご理解いただければ、と思います。

日帰り手術でも退院された後、すぐに元通りの生活に戻るのではなく、数日の余裕を持っていただいた
ほうがよいでしょう。

2. 退院後、何か異常を感じられたらすぐに、病院に連絡して下さい。必ず外科当直医がおりますので対処
いたします。

3. 特に、腹腔鏡下胆嚢摘出術など、胆嚢の癒着の具合や、周囲の内臓との位置関係などにより、
  より大きな手術となる可能性があります。
  このような場合や、術後の痛みなどにより患者さんが希望される場合は、入院期間が延長となります。

<対象となる疾患>

 外科:大腸ポリープ(良性ポリープ、粘膜までの浸潤の大腸がんなど)、成人鼠径ヘルニア、痔核、
皮下巨大脂肪腫、乳腺腫瘤摘出手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術(weekend surgery)

 形成外科:わきが、しみ、いぼ、

<今後、取り入れる予定の疾患>

 外科:小児鼠径ヘルニア、乳がん(weekend surgery)

<日帰り手術のメリット>

1. 手術の、家庭生活や社会生活におよぼす影響をなるべく少なくします。
2. 入院期間が短くなる分は、コストが安くなります。2-3年後に、入院期間にかかわらず払うお金が一定となるシステムが
導入されそうですが 、仮にそうなった場合でも、ご家族の付き添いに関わる出費などを考えると、経済的といえるでしょう。


   
3. 数日から数週間の入院が短期間で行えるようになった背景には、胆嚢摘出に用いる腹腔鏡下手術セットや、
ヘルニアには使うメッシュプラグなど、医療技術や器材の進歩があり、このシステムには十二分に導入されています。
      
4. 病院自体に心理的なアレルギーがあるがために、受診されず、病状に長期間悩まれている方にとっては、短期で
入院がすむことにより、抵抗感が少なくなるでしょう。


<日帰り手術の手順と流れ>

 初回の外来

1. 初診日

□ (月)から(金)の午前中 

□ 受付時間は8時30分から11時まで

2. 日帰り手術の同意

□ 日帰り手術の対象の疾患であること

□ 手術をすべきと医師が判断すること

□ ご本人が同意されること

     同意の上、手術日を決定します。

3. 初診日に行うこと
□ 全身の検査(入院後には、全身の状態を把握する時間が極めて限られますので、できるだけ外来で済ませる
ようにします)。

□ 血液生化学検査(採血)
  血液型、感染症(B型、C型肝炎ウィルスなど)、肝機能、腎機能、赤血球・白血球数など。 
□ 胸部レントゲン検査
□ 尿検査
□ 心電図
□ 他に必要と判断された検査(                    )
□ 内服薬の確認

  □ 毎日、服用されているお薬があるようでしたら、その名前を教えてください(手術の日の朝は、お薬が飲めません)。
  □ 特に、血を固まりにくくする、抗凝固剤を内服中の心臓疾患や脳梗塞などの方は1週間くらい前に服用を中止します
( 手術中に出血が止まりにくくなるのを防ぐため)。

4. お渡しする書類
□ 手術の説明書
□ 入院中の患者さんのスケジュール表(クリティカルパス)

5. 手術説明をしますので、2回目外来には可能な限り、ご家族とともに来院下さい。

2回目外来

1. 再診日

□ 水曜・木曜のうちの希望日

□ 受付時間は8時30分から9時まで

2. お渡しする書類
□ 手術同意書(署名の上、入院時にお持ちください)

3. 前回の検査の結果をみて、日帰り手術が可能かどうか判定します

□ 手術可能かどうか外科で判断いたします

□ 麻酔をかけるのに支障はないか、麻酔科に併診します

 外来棟4階の麻酔科外来に行っていただきます 

入 院

1.入院日の朝10時に入院受付にお越しください。

2.用意されるもの
□ 健康保険証等、入院誓約書、IDカード(診察券)です。
□ 日用品としてご持参いただくものは着替え、スリッパ、洗面用具、湯のみ、はし、スプーン、
  ティッシュペーパー、筆記用具です。(タオルとねまき類は貸出制度があり1日400円でご利用頂けます)