精神科

お知らせ

現在はありません。

ご紹介

診療内容

「精神科」にどのようなイメ-ジを持たれるでしょうか?
「敷居が高い」、「私には関係がない」などネガティブなイメ-ジを持たれる方も多いことかと存じます。しかしながら、人口構成や疾患構造の変化、医療の質の向上など精神科医療を巡る環境は近年ダイナミックに変化しており、総合病院精神科が果たすべき役割は急激に増加しつつあります。総合病院精神科としての特徴を以下に提示いたします。

Ⅰ:精神疾患の早期診断、初期治療を担う:「受診が容易」「本人を説得しやすい」「どの診療科を受診したらよいか不明」など精神症状の生じた患者さまにとり受診の窓口として機能します。より早期、軽症の段階での診断・治療の開始が可能となる利点が挙げられます。

II:高次評価・判別機能を担う:検査は他科と共通しており高度です。このため、器質性、症状性精神障害の判別と原因となる疾患の同定、重症度の判定が迅速かつ容易である利点が挙げられます。

III:他科との連携を担う:身体疾患治療のため他科を受診(入院含む)された患者さまに発生した精神症状に対し身体各科主治医の要請に応じてコンサルテ-ション・リエゾン精神医学の立場から積極的に関与しております。

IV:臨床心理士による心理検査、精神療法、カウンセリングを随時行っております。

V:外来治療の一環として、小規模の精神科デイケア、ショ-トケアを実施しており、グル-プ活動を通じて、対人関係改善などを目的としたリハビリテ-ションを行っております。
  各種療法を希望される方は、医師の診察にてご相談ください。

主な取り扱い疾患

治療実績のある主な疾患を下表に挙げます。
精神科指定病床を持たない治療構造上の制約から、疾患の重症度では軽症から中等症までを主に外来において受け入れさせていただいております。
受け入れの一応の目安として、自傷・他害の危険がないこと、検査および治療への同意が得られること、を満たす方を主な対象とさせていただいております。
また、当科では現在、「児童・思春期」および「てんかん」の専門医が不在です。上記疾患につきましては、他の病院の専門医へご相談されることをお勧めいたします。

診断カテゴリー 疾患名
症状性・器質性精神障害 アルツハイマ-病
血管性認知症
せん妄など
神経症性障害 恐怖症性不安障害
強迫性障害
適応障害
身体表現性障害など
気分障害 うつ病
躁病
双極性感情障害(躁うつ病)など
統合失調症圏 統合失調症
妄想性障害など
生理的障害 非器質性睡眠障害など
診療実績

準備中です。

診察の受け方

患者さまの状態に合わせて、正しい診断、標準的な治療法を選択するため、精神科での初診は、完全予約制となっております。予約は、予約担当者が対応させて頂きます。
精神科窓口への電話にて受け付けております。

専門用語の解説
専門用語 解説
コンサルテ-ション・リエゾン精神医学とは? がん、脳卒中、心筋梗塞、重度熱傷など生命を脅かす重症身体疾患に罹患した患者さまは悲哀や不安などの心理反応から、せん妄、うつ病、適応障害などに及ぶ広範な心の危機に直面することが報告されています。  身体疾患を治療する主治医から患者さまに現に生じている精神症状の管理について相談依頼を受け精神科医が対処する働きかけがコンサルテ-ション精神医学と定義されます。 コンサルテ-ションを更に一歩進めて、精神科医が身体疾患治療のチ-ムの一員として関与する働きかけはリエゾン精神医学と定義されます。
精神科デイケア・ショ-トケアとは? 「病状はある程度落ち着いたけれど、日中の活動の場がなくて困っている」「対人関係に不安がある」「家に引きこもりがちである」「仕事に就きたいけれど、自信がない、うまく行かない」「同じ悩みを持った人と出会ってみたい」など精神疾患のために家庭生活、学校生活、職業生活に困難を抱えている患者さまの社会生活技能を改善するために行なう小グル‐プ活動です。週4日9時~15時に開設しており、クッキング・スポ-ツ・ものつくり・集団精神療法などのプログラムを行なっております。対象は65歳くらいまでの外来患者さまとしております(認知症を除く)。
精神療法・カウンセリングとは? 医師による診察、投薬治療と並行して行っています。患者さまの容態、症状を考え合わせて上で、頻度、時間などを設定して行きます。 患者さまの容態によっては、精神療法、カウンセリングが治療上適切でない場合もあります。その場合は精神療法、カウンセリングは行わず、医師の診察、投薬治療に集中していただくことになります。精神療法、カウンセリングを行う前の準備として、必要に応じて心理検査を行う場合があります。