リハビリ科

お知らせ

外来/科の診療の特色

リハビリテーション科は、当院の特徴である、がん医療・先端医療・救急医療のサポートをするために、急性期からリハビリテーションを開始することが特徴となっております。新生児から高齢者まで、さまざまな疾患のリハビリテーションに対応しております。当科の人員・施設設備に関しは、脳血管疾患等・運動器・心大血管・呼吸器・廃用症候群の5分野全てのリハビリテーション施設基準(Ⅰ)を満たしており、がんリハビリテーションの施設基準も満たしております。また、日本リハビリテーション医学会専門医研修施設にも指定されています。

ご紹介

心臓リハビリテーション
心臓リハビリテーション室
診療内容

脳卒中や骨折などにより、思うように体が動かせなくなった状態から、身体の機能を取り戻し、あるいは代替手段を獲得するための訓練をする科です。
体の自由がきかず起き上がれない、移動できないといった状態から、訓練を通して日常生活が送れるようになることをめざします。
また訓練で身体機能が充分戻らない場合でも、装具・自助具・福祉用具などを活用して日常生活をできるだけ自立して送れるよう援助します。
当院では発病すぐの急性期からリハビリテーションをおこない、回復期リハビリテーション病棟(病院)でのリハビリテーションへスムーズに移行できるようにしています。
回復期治療を卒業された後のいわゆる生活期についても、体力低下や痙縮(脳・脊髄麻痺に由来する四肢の筋のつっぱり)などに関する相談を承り、必要に応じて短期の訓練、補装具の処方、内服薬の調整、ボツリヌス治療等をおこないます。なお、髄腔内バクロフェン投与(ITB療法)は導入・維持とも実施していませんが、相談や実施病院への紹介は可能です。

痙縮について(ボツリヌス治療等)

主な取り扱い疾患
疾患名
脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血など
骨折後 大腿骨頚部骨折 腰椎圧迫骨折など  
脊髄損傷      
呼吸器の疾患 慢性閉塞性肺疾患 肺気腫など  
小児疾患 脳性麻痺 二分脊椎など  
廃用症候群      
神経・筋疾患 パーキンソン病 脊椎小脳変性症 筋萎縮性側索硬化症など
関節リウマチ      
スポーツ疾患 靭帯損傷など    
高次脳機能障害 外傷性脳損傷 低酸素性脳症など  
神経変性疾患      
嚥下障害 咽頭癌 誤嚥性肺炎など  
診療実績

リハビリテーション科実施患者数は入院277人/日、外来24人/日であり、多岐にわたる診療科からの依頼を受け、多様な疾患を有する患者さんに対して治療にあたっています。
入院でのリハビリテーションは、他診療科の入院治療における補助的な診療科としておこないます。リハビリテーション科の病床は設置しておりません。
外来でのリハビリテーションは、地域の医院・診療所・病院から紹介を受けて、必要なリハビリテーションを実施しております。
補装具外来では、義肢・装具・車椅子などの作製をおこなっています(年125件)。
またボツリヌス治療(年33件)、嚥下障害に対する評価として、嚥下造影をおこなっており(年86件)、誤嚥予防の為の指導を併せておこなっています。

診察の受け方
  • 外来診察時間:月曜日~木曜日の午前中9:00~
  • 予約は不要ですが、できれば紹介状等をご持参ください。紹介状なしでの初診は選定療養費がかかることがあります。また、医師出張等で臨時休診があります。事前にお問い合わせいただけると安心です。
専門用語の解説
専門用語 解説
FIM(機能的自立度評価表) 身の回りのこと(食事・洗顔・着替え・トイレ・歩行など)が出来るか出来ないかを、各項目を1~7点で評価し、126満点となる評価表です。
どれだけ身の回りのことができるようになっているかを評価するために、入院中の状態を点数化しています。
その他
  • 車椅子、装具、コルセットの作製も可能です。水曜午後の装具外来を受診してください。
  • 身体障害者手帳意見書(肢体不自由・音声機能、言語障害又はそしゃく機能の障害)・精神障害者手帳(高次脳機能障害)・障害年金診断書・各種手当の書類も作成します。
リハビリテーション1
左:PT室(1) / 右:PT室(2)

リハビリテーション2
左:PT室(3) / 右:OT室

リハビリステーション3
左:小児訓練室 / 右:言語聴覚療法室