麻酔科

お知らせ

現在はありません。
診療内容
当院では年間6,900例の手術を行っておりますが、そのうち約5,300例を麻酔科管理の下に行っています。麻酔科の業務とは、手術中の痛みを軽減する他に、患者さまの状態を把握し、手術操作により体に起こる様々な状態変化に対応することが目的となります。安心して手術を受けていただけるように、手術医療の安全と快適性を守るため日夜努力をしております。
現在、数多くの手術に対応するためペインクリニックの外来診療は行っておりません。
麻酔方法
麻酔の種類としては、全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、各種神経ブロックがあります。手術の種類や、患者さまが抱えている合併疾患などを考え、総合的に判断し麻酔方法が決定されます。術前に診察に伺い説明を行います。
全身麻酔 手術中に意識がなくなる麻酔です。呼吸を通して吸収される吸入麻酔薬や、静脈から体内に入る静脈麻酔薬が中枢神経に作用し、手術中に体が受ける痛みやストレスを軽減させます。全身麻酔中は呼吸の補助が必要となるため、空気や酸素、必要に応じて吸入麻酔を体内へ送るための管を、通常は意識がなくなってから口(もしくは鼻)から気管内へ入れます。
硬膜外麻酔 手術による痛みを取り除く局所麻酔の一種です。局所麻酔薬を脊髄を包む硬膜の外側にある硬膜外腔というスペースに注入し、感覚を麻痺させます。横向きになっていただき、背中に針を刺します。針を刺した場所により効果が出る範囲が変わるので、手術部位により刺す場所は変わります。一般的にはカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、そこから持続的に薬を注入し、手術中だけでなく手術後の鎮痛にも使用されます。
脊髄くも膜下麻酔 手術による痛みを取り除く局所麻酔の一種です。一般的に下半身麻酔とも呼ばれます。局所麻酔薬を脊髄神経の近くに入れて、下半身の感覚を麻痺させます。横向きになっていただき、腰の背中側から細い針を刺します。効果は数時間持続します。手術中は意識があります。

手術件数の推移