循環器内科

お知らせ

【高橋 淳医師の診察を希望される患者さんへ】

高橋 淳医師の初診診療を希望される患者さんは、紹介状をご用意頂ければ、電話予約が可能です。
外来日は月曜日、火曜日の午前中です。
(要予約:月~金曜日 3~5時に内科総合受付でお受けしております)

【当院循環器センターへ患者様を紹介される医師の皆様へ】

ご面倒とは存じますが、下記のご協力をお願いいたします。
1. 簡単な紹介状を患者様に持たせて受診させて下さい。
(地域連携科での予約をしてください)
2. 発作時の心電図・モニター心電図・ホルター心電図等が御座いましたらお持たせ下さい。
3. 通常のアブレーション困難な症例等につきましても、事前にお電話・ファックス等頂けましたら、
 こちらから連絡させていただきます。

代表番号:046-822-2710 FAX:046-827-1521

ご紹介

循環器内科
診療内容

横須賀共済病院 循環器センターでは、カテーテルアブレーション、ICD、ペースメーカ、両心室ペースメーカ、PTCA、ステント、DCA、ロータブレーター、バイパス等さまざまな最新の治療を行え、ハイレベルなスタッフが揃っており、症例数、成功率共に日本でもトップクラスであります。 我々スタッフは、患者様の症状を改善するために24時間最善の努力を致しております。

主な取り扱い疾患

準備中です。

診療実績

準備中です。

専門用語の解説
専門用語 解説
不整脈 心臓は”ポンプ”としての作用を有し、この世に生を得てから死に至るまで一刻も休まず血液を循環させ続けています。”ポンプ”の作用を有するものには全て一定の速さがありますが、心臓における正常な脈拍は、大体安静時で一分間に60~100の間です。この範囲では、心臓のポンプ作用が非常に効率よく機能します。’脈が規則正しくない’とか’脈が乱れる’'脈がとぶ’といった脈拍の乱れを不整脈であると考えられていました。しかし、実際には、脈拍が規則正しくても一分間の数が異常に多い場合や、その反対に極端に少ない場合があり、これらも広い意味での不整脈の種類の中に入れて考えられます。
アブレーション カテーテルアブレーションとはカテーテルと呼ばれる細い管を血管を通して心臓に挿入し、カテーテル先端のチップを通して高周波電流を流し心筋を焼灼して不整脈を根治する治療方法です。
>>さらに詳しくは循環器科サイトへ
ペースメーカー 正常な脈拍リズムよりも遅くなったり(以後、徐脈と呼ぶ)、心停止をきたしたときに外部から非常に弱い電気を流し、一定のリズムで心臓を刺激して動かすことが必要となります。この装置をペースメーカと呼びます。ペースメーカは、本体とリード(細い電線)から構成されています。本体はエネルギー源である電池と電気刺激を発生する回路から構成され、リードはその刺激を心臓へ伝える働きをします。現在、日本では年間約三万人の方にペースメーカの植え込み手術が行われ、殆どの人が健康な方と変わりのない生活を送っています。本院の手術時間は、約一時間です。また、ペースメーカ電池交換は、約30分で終了し、年間120~150例の治療を行っています。手術後、約一週間で退院できます。
ICD(アイ・シー・ディー) 正常な脈拍リズムよりも非常に早く(心室頻拍、心室細動)、放置すると死に至る致死的不整脈を植込まれた装置による電気ショックにより回避すものであります。この治療を行える施設は限られており、本院ではこの手技を行う環境とこの高度な手技を行えるスタッフを揃えており、年間約30~40例の患者さんを治療しています。
狭心症・心筋梗塞 冠動脈の内側に動脈硬化が生じ、脂肪が沈着することで、冠動脈の中が狭くなり血液の流れが悪くなったり、又は血管の中がつまってしまうことがあります。 そのため心筋に酸素や栄養が十分にいかなくなってしまう状態を虚血性心疾患は、狭心症と心筋梗塞に分かれます。 狭心症は、動脈硬化や血管のけいれんによって、冠動脈の中が 狭くなってしまい心筋に血液が十分にいきわたらなくなった状態であります。 胸の痛み(胸痛)や圧迫感が現れ、心臓の機能に危険が迫っていることが多くみられます。 また、冠動脈の血管の中が完全につまってしまうと、血液がまったく流れなくなり心臓の細胞は死んでしまいます。 これが心筋梗塞で生命を失うことが起こりうる危険な状態です。
>>さらに詳しくは循環器科サイトへ