中央検査科 業務内容|検体検査部門

検体検査部門

検体検査の受付と測定をしています。
生化学自動分析装置・血球計数装置・血糖測定機・血液ガス分析装置・凝固検査装置を使用して、24時間体制で検査しています。

検体受付

検体検査の受付と外注検査などの窓口です。
届いた検体(血液など)は血清分離などを行い、各装置にて測定されます。
検体には全てバーコードを貼付けして、取り違えなどの防止をしています。
検体検査の項目は非常に多く、院内で全ての検査を行うことができないため、特殊な検査は専門の会社に依頼しています。

エアーシューターステーション 外来、病棟から検体が届きます。

 

生化学・血清検査室

血液の化学物質や感染症やホルモン、腫瘍マーカーの測定を行っています。
検査材料は、血液、尿、髄液、穿刺液(胸水・腹水など)です。

肝臓 AST、ALT、ALP、γ-GTP、ビリルビン、アルブミン など
腎臓 尿素窒素、クレアチニン、尿酸、尿中微量アルブミン など
心臓 CK、LDH、BNP、トロポニンⅠ など
膵臓 膵アミラーゼ など
脂質 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール など
免疫 リウマチ因子、IgG、IgA、IgM、アレルギー検査(IgE) など
感染 インフルエンザ、アデノウィルス、ノロウィルス、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIV など
ホルモン 甲状腺ホルモン、インスリン、成長ホルモン など
腫瘍マーカー CEA、AFP、PSA、CA19-9、CA125 など

*学会等で検査値の標準化がすすめられています。本院では、日本臨床検査標準協議会(JCCLS)より勧告されている標準法で測定しています。

搬送システム
主な測定は、搬送システムに接続された測定機で測定されます。

 

血液検査室

血液中の血球について調べます。
血液中の赤血球の数を調べたり、血液中の細胞の種類や形態を判定しています。

 

凝固検査室

血液が固まる能力や、血小板の機能などを調べます。
動脈硬化症や不整脈をもとにして発症する血栓症の予防や治療のための検査を行っています。

 

一般検査室

尿検査、便検査、寄生虫検査、髄液検査、関節液検査などを行っています。
検尿では、分析器や顕微鏡で糖や蛋白、細胞などの有形成分を検査しています。検便の潜血反応では主に大腸などの下部消化管からの出血の有無を判定しています。胃のピロリ菌を便検体でも検出する検査も行っています。

 

細胞免疫・染色体検査室

細胞性免疫では血液中のリンパ球の表面にある抗原を調べることにより、病気の診断を助ける検査を行っています。中でも白血球解析には特に有効とされています。染色体検査は血液中の細胞から染色体を取り出し、染色体から先天性異常および腫瘍性の異常があるかどうかを調べる検査です。最近では遺伝子工学の進歩から特定の疾患に有効とされる試薬が開発され、当院でもこれらの新しい方法を導入し、診断に役立てています。
遺伝子検査として、JAK2/CALRの測定も行っています。

 

細菌検査室

感染症の原因となる細菌(病原大腸菌0-157、赤痢など)の培養・同定検査、及び抗菌薬の薬効性についての薬剤感受性検査、結核菌の遺伝子検査などを行っています。
同定検査については新たな微生物同定法である質量分析機(VITEK MS)を2017年5月より導入し、迅速な同定結果の報告を実施しています。
その他に、MRSAやVREなどの薬剤耐性菌保菌検査、栄養課・給食課・保育園の職員の検便検査、給食室や中央手術室の環境検査なども行っています。

 

病理検査室

ISO15189認定を取得し、組織標本作成、術中迅速検査、細胞診検査、解剖介助、腫瘍遺伝子検査(OSNA、肺癌EGFR遺伝子変異検査等)を7名の検査技師で行っており、病理診断および細胞診断は常勤病理医2名と非常勤医数名と協力して行っています。
年間件数は組織診:約10,000件、細胞診:約7,700件、解剖:14症例で外部精度管理、学会参加・発表、症例検討会への参加など積極的に実施しています。
細胞検査士は常勤5名います。 婦人科細胞診検査はLBCで対応しており、HPV検査も同時に行うことが可能です。
自動染色機を用いて、乳癌HER2検査等の免疫染色も行っています。