中央放射線科 業務内容|乳房撮影検査

 

乳房撮影検査

一般的にマンモグラフィと呼ばれ、乳房というとても軟らかい組織を撮影しますので、専用の撮影装置を使用します。乳房を圧迫板というもので挟み、左右の乳房を上からと横からの2回ずつ、全部で4回撮影します。その時縮こまった乳腺をより広げるために、圧迫板で乳房を広げて撮影しますので少し引っ張られる感じがすると思います。このマンモグラフィで癌のサインである石灰化が見つけられます。
当院では「マンモグラフィ検診施設認定」を取得し更新しています。
担当技師もマンモグラフィ認定技師を中心に撮影を行っており、質の高い撮影を目指しています。
また石灰化の鑑別に非常に有用なステレオガイド下マンモトーム生検も行っております。

検査上の注意

上半身は全部脱いでいただくようになります。ただし、検査服を用意してありますので、必要ならお申し付け下さい。髪の毛の長い方は後ろでとめていただきます。眼鏡やネックレスははずしていただきます。時計や指輪などははずさなくても大丈夫です。

乳房の症状
  • ここ最近、左右の乳房の大きさに差が出てきた
  • 皮膚に不自然なひきつれがある
  • 触るとかたいしこりがある
  • 触ると表面が凸凹したしこりがある
  • 両腕を挙げたとき、乳房に「えくぼ」「ひきつれ」がある。
  • 乳首からの分泌(レンガ色)がある。
  • 乳房全体が赤く腫れていたり、乳房に潰瘍ができて治らない。

この様な症状がありましたら、まずは乳腺専門外来に受診して下さい。当てはまるからといって、必ず乳がんというわけではありません。良性疾患の場合が多いのです。自分で触っただけでは、良性か悪性かがわからないことがほとんどです。自分一人で悩んでいないで専門医に相談してみて下さい。


MLO方向撮影(内外斜位)
MLO方向撮影(内外斜位)