クリニカルパス

横須賀共済病院では、急性期の医療を提供するにあたり、適切な入院期間と医療の質を保つためのツールとしてクリニカルパスを用いています。

クリニカルパスとは

 入院期間に行われる治療や検査、食事、リハビリ、指導などを最適化したものでスケジュール表にまとめたものです。
 治療、検査など一過程に1つのクリニカルパスが作られており、医療者用と患者用があります。
 入院診療計画書として、患者用クリニカルパスを用いて入院期間中のスケジュールを説明させていただいています。

クリニカルパスの目的

  1. ① 医療の標準化

    病気に対するガイドラインや科学的根拠に基づいた質の高い医療を受けることができます。

  2. ② チーム医療の推進

    横須賀共済病院のクリニカルパスは、医師、看護師、栄養士、検査技師、薬剤師、リハビリ等多職種で検討し作成されています。
    関連するスタッフは、治療、検査内容の情報が共有されており、効率的にチーム医療を受けることができます。

  3. ③ 患者さん・家族との治療内容の共有

    患者さん、ご家族に患者用クリニカルパスを用いて説明をするので、入院中のスケジュールを把握することができます。
    患者さんご自身が、積極的に治療に参加することに役立ちます。
    わからないことがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

  4. ④ 医療安全の推進

    治療や検査などを複数のスタッフが確認をするため、指示の重複や漏れを早期に発見できます。また適切な入院期間、治療内容の見直しを行っています。
    定期的に評価・改善されているので、質の高い医療の提供につながるマネジメントシステムとなっています。

クリニカルパス運用件数一覧