入院費用

入院費用

A. 健康保険や労災保険等の保険による入院の場合、食事を含む治療費については健康保険法をはじめとする処方の規定により計算いたします。自費による入院の場合は当院の規定により計算いたします。

B. 健康保険による入院費については、加入されている保険から『限度額認定証』を発行してもらうことによって一部負担金額(病院へ支払う金額)に上限額を設定することが可能です。当院では原則として限度額適用認定証の提示をお願いしております。

C. 当院は厚生労働省より『包括評価(DPC)方式』により入院医療費を計算する病院として指定されております。

『包括評価(DPC)方式』とは?

従前の「出来高計算方式」(基本料金に使用した薬剤料や実施した検査料・レントゲン料を加算して行く方式)に対して、患者さんの病気や病状、それに対して行なわれる治療によって1日あたりの費用が決められている(包括されている)方式です。

「包括評価(DPC)方式」に含まれる内容は、原則として入院基本料・投薬・注射・検査・レントゲン・簡単な処置等ですが、手術料や退院時投薬等、一部には包括されないものもあります。また一部の方には「出来高計算方式」が適用される場合もあります。

D. ご入院中の入院費については毎月10日前後に前月分の請求書をお届けしますので、会計窓口にてお支払いをお願いいたします。(小児科にご入院の方には請求書はお届けいたしませんので、お手数ですが会計窓口にお立ち寄りくださいますようお願いいたします。

E. ご退院時の会計については、退院当日に病棟でお渡しする「退院連絡票」を会計窓口①にご提出いただいた上でお支払いをお願いいたします。また、休日に予定退院する患者様へは、休日前日に入院費のご案内をしております。ご案内が来ましたら、休日前日の時間内にお支払いをお願いします。また、時間内でお支払いができない場合は、地下一階の急患室でお支払いができますのでご利用ください。尚、急患室ではカードのご利用等が出来ませんので予めご了承ください。

F. 治療費のお支払い等でお困りの場合は、ソーシャルワーカーまでご相談ください。