特定健診(メタボリック健診)

TOPページへ お申込みはこちら

特定健診(メタボリック健診)について

メタボリックシンドロームとは?

腹部臓器の周りにたまる内臓脂肪が過剰になった状態(肥満)を共通の要因として、

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質異常

上記3つの危険因子を2つ以上持った状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。
これが生活習慣病の根本原因とされ、その予備軍が増えています。

メタボリックシンドロームには自覚症状がほとんどありませんが、放っておくと動脈硬化が急速に進行し心臓病や脳卒中、その他重症の合併症を引き起こす要因になります。障害が残ったり、死に至るケースもあります。

生活習慣病の進行

特定健診(メタボリック健診)・特定保健指導とは?

平成20年4月から「高齢者の医療の確保に関する法律」により、生活習慣病予防の徹底のため、メタボリックシンドロームに着目した健診(特定健診・特定保健指導)を40歳〜74歳までの全ての方を対象に、1年に1回行う事が義務づけられました。

健診の目的

メタボリックシンドロームとその予備群の人を早期に発見し、生活習慣を改善するための保健指導を行い、有病者・予備群を減少させることを目的としています。

健診の内容

基本的な健診の内容です。

  • 身体計測
  • 腹囲
  • 血圧
  • 血糖
  • 脂質(中性脂肪[TG]、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 肝機能(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 尿検査
  • 喫煙歴などの問診

※医師の判断で、心電図・眼底検査・貧血検査などの詳細な検査を実施することもあります。

特定保健指導

健診結果からメタボリックシンドロームのリスクとして生活習慣の改善の必要度を、

  • 情報提供
  • 動機づけ支援
  • 積極的支援

の3グループに分け、グループごとに効果的な保健指導が行われます。

特定健診の流れ

特定健診の流れ