肺ドック|各種検診のご案内



TOPページへ お申込みはこちら

肺ドック

個別にも受けていただけますが、肺がん検査を目的とする場合、痰が出ていればCTと喀痰細胞診を一緒に受けることをお勧めします。

肺ドックをおすすめしたい方

  • 1:喫煙される方
  • 2:周囲に喫煙する方がいらっしゃる方
  • 3:肺がんが心配な方

検査の内容

項目名内容
ヘリカルCT 体をらせん状にスキャンするので短時間で全ての面を撮影でき、ズレのない細かい画像が得られます。小さい癌、胸部レントゲンで見つけにくい癌も見つけやすくなります。
喀痰細胞診 胸部レントゲンに写りにくい部位の癌が発見されやすくなります。
肺機能検査 スパイロメータという機械で息をはいて肺活量や肺の縮みやすさ、気道の空気の流れやすさなどを調べます。慢性閉塞性呼吸器疾患の診断に有用です。