心臓カテーテル室部門

心臓カテーテル室部門

  • カテーテル室5つを稼動させ、臨床工学技士が心臓血管治療、不整脈の高度で広範囲な治療を補助しています。
  • アブレーションは、周辺機器操作に限らず、TOTAL的に治療に携わります。多くの症例数があり、臨床工学技士がいなくては成り立たない程、完成されたものです。

臨床工学技士の役割

アブレーションについて
心電図や血圧計の取り付けを行い、アブレーションに用いる医療器具の準備を行います。
術中は、心内心電図と動脈圧が表示されたモニタの管理し術中の経過記録をコンピュータに記録し的確な情報を術野側に伝えます。
難治性不整脈治療においては心内電位記録と磁気を用いて得る情報から心臓の立体画像を描写する特殊な装置を治療に用いる際にも臨床工学技士が操作を行います。
ABL業務
アブレーション業務
虚血系心疾患治療について
臨床工学技士は患者入室後、心電図や血圧計の取り付け等を行います。その後心電図や動脈圧が表示されたモニタを監視しながら、コンピュータに記録します。
術中心臓の血管を造影するために用いる冠動脈造影剤自動注入装置(ACIST)の設定及び管理、血管内超音波診断装置(IVUS)の記録・計測操作も臨床工学技士が行っています。
さらに、IABP挿入や対外式ペースメーカ挿入時も臨床工学技士がチェック及び設定を行います。
ACIST操作 ACIST操作
IVUS操作 IVUS操作